洗浄工程

DSC00628_2 DSC00632_2
※馬の手でやさしく、全品前処理します。
※石鹸博士(微生物的環境技術研究所)を使用 (あるいはバイオ石けん)

DSC00617_2 DSC00621_2
※衣服など型くずれしそうなものは、丁寧にたたんでネットで保護

DSC00629_2 DSC00630_2
※洗剤を入れないのが特徴
※操作は、すべて手動

DSC00540_2 DSC00545_2
※はっぴのような色が濃いものは、他の品とは区別します

乾燥

DSC00535_2 DSC00551_2
※自然乾燥で1晩
※翌朝、立体乾燥機へ (静止しているため、衣類が傷つきません)

DSC00569_2 DSC00570_2
※アイロンがけ

DSC00571_2 DSC00572_2
DSC00573_2 DSC00574_2
DSC00576_2 DSC00578_2
※上着の仕上げ
※アイロンがけのあと、立体仕上げで丸みを施す

DSC00565_2 DSC00560_2
※ズボンは、裏返してからはじめます
※ポケットからも、しっかりプレス

DSC00660_2 DSC00579_2
※ベルベット品は、難敵です。特殊な着物あて布を使い、ハンガーにかけたまま、全体をスチームへ
※昭和10年生まれのおばあちゃんもがんばってます

Yシャツ仕上げ

DSC00589_2 DSC00593_2
※機械を使い、襟 カフス 身頃をプレス

DSC00599_2 DSC00600_2
DSC00601_2 DSC00602_2
DSC00603_2 DSC00604_2
DSC00605_2 DSC00607_2
※丁寧なアイロンがけを心がけています

こだわり

当店のクリーニングは何でも落としますとか、新品の着心地とか、完璧な仕上がりとか言いません。
ただ、きれいな水・健康な水で処理することが、一番気持ち良いです。
みなさまにも、ぜひ当店のクリーニングを実感していただきたいです。

だから、こんな方におすすめ!

  • ドライのにおいが気になる方
  • 化学物質過敏症などのアレルギーの方
  • 汗をかいたり、飲み物などのかかった服
  • とにかく水で洗ってほしいという方

(※1日の処理数 30点程度)